Q&A よくあるご質問

Q&A

オイルチェンジャーに関するFAQ

1.エンジンオイルは冷えていませんか?
エンジンオイルは多少温まっている方が柔らかくなり扱いやすくなります。
外気温が15℃以下の場合は5~10分程度暖気すると抜きやすくなります。
※ギアオイルなどの粘土の高いオイルは6.5mmの抽出ホースをご使用ください。
※走行直後は油温が90℃を超えていますので、冷めてから作業してください。

2.抽出ホースが折れ曲がっていませんか?
ホースが折れ曲がっていると流路が狭くなりオイルが流れにくくなります。
→抽出ホースがエンジン内で折れ、取り出せなくなる恐れがありますので、抽出ホース挿入時に抵抗を感じる場合は無理に押し込まないでください。
※エンジン内にホースが残った場合の修理費用などは弊社では負担いたしかねます。

3.オイルを吸えない(ポンピングしてもオイルが吸えない)抽出量が少ない。
1)各接続部の確認をしてください。

・メインパイプと本体(図1-1)
ジョイントロックを締め込んだ状態で、メインパイプの接続部とジョイントロックが接触していますか?
→固くて入りにくい場合がありますがまっすぐ押し込んでください。
滑りが悪い場合はオイルを塗布すると滑りが良くなります。

・メインパイプと抽出ホースの接続(図1-2)
→図のように入っていればOKです。(Oリングの厚みの分、若干の隙間ができます。)

・排圧用栓(図1-3)
→図の場所にしっかり入っているか、確認してください。

2)エンジンとホースの状態を確認してください。

・レベルゲージでエンジンオイルの量を確認してください。
レベルゲージにオイルが付着しない場合、オイルが入っていない可能性があります。
そのまま走行すると焼き付きなどエンジンが破損するおそれがあります。
オイル交換を取りやめ、ディーラーまたは自動車整備工場に連絡し指示を仰いでください。

・レベルゲージの長さと抽出ホースの長さを比べてください(図2参照)。
抽出ホースの全長がレベルゲージよりも短い場合はホースがオイルパンの下部まで届いていない可能性があります。その場合、全量の抽出はできません。
※付属品よりも長いホースのご用意はございません。
※ホースの長さが合わないなどの理由での返品はお受けいたしかねます。

4.ハンドルが動かない(ポンピングできない)

・タンク内のフロートをご確認ください(図3参照)。
タンク内部のオーバーフロー防止フロートが内部のホースと干渉してフロートが下がらず、ハンドルが動かなくなっているおそれがあります。
ポンプとタンクを分離して、フロートを下げると使用できるようになります。

・該当商品:モリグリーン オイルチェンジャー5.5L

カラーNO.と同じペイントを上手に塗っても、ぴったり合わないことがあるのですか?

ホルツのペイントは基準としている色見本通りに配合設定されています。しかしながら、実際の車の塗装は、車両メーカーの製造過程の塗装で「濃い」「薄い」「黄色っぽい」「白っぽい」「赤っぽい」「青っぽい」「パール感が多い」「パール感が少ない」etcなど、個体の車両によって色の誤差が生じていることがあります。この、個体差の色ブレが大きい場合は正確に色が合致しないケースがございます。

ホルツペイントで、自分の車の色に合う色は、どのように探せばよいですか?

車には、型式プレートが取り付けられています。その中に、その車に塗装されたカラーの【純正カラーNo.】が表示されています。カラーの有無は、「ペイント簡単検索」で検索できます。レギュラー品に扱いが無い場合でも「MINI-MIX調色システム」にて作ることが可能です。ご利用は、最寄りの「MINI-MIX設置店」にてお求めいただけます。

エンジンオイルの添加剤は、エンジンオイルの量に対してどのくらいが適正量ですか?

製品により最適な添加量は違いますが、当社が販売している添加剤は、エンジンオイル総量に対して5~10%の添加量を想定しております。

エンジンオイルの添加剤の役割はなんですか?

エンジンオイルには元々数種類の添加剤が配合されていますが、オイル交換時などに追加で添加剤を入れて、エンジンオイルの質を高めるというメンテナンス方法も有ります。
添加剤の役割は、オイルの性能低下を補う事と、ベースオイル(元々入っているエンジンオイル)以上の性能を発揮させる事が可能になります。
車の経年劣化による性能の低下を遅らせたり、新車時から添加する事で、新車時の性能を維持するなど、エンジンの状態に合わせて最適な添加剤を選ぶことが可能になります。

ジェンツトラクターマルチギヤー・トラクターギヤーオイルは乗用車・トラックに使えますか?

農機専用のギヤ・油圧兼用油です、他の用途には使用できません。
ジェンツトラクターマルチギヤー75W-80 GL-4及びジェンツトラクターギヤー80W GL-4はトラクターなどの湿式ブレーキ・クラッチ、油圧作動油との兼用油の為、専用の配合になっております。 乗用車などのミッション、デフでGL-4 75W-80もしくは80Wを指定している車種に対して規格・粘度が適合していてもご使用いただけません。

ジェンツマルチギヤー80W-90 GL-5・ギヤー90 GL-5の2製品は乗用車やトラックで同規格を指定したデフなどにはご使用いただけます。

ジェンツチェーンソーコンバインオイルの粘度は何番ですか?

ISO VG 100 相当です。
動粘度:93.2(cst)40℃でISO VG 100相当となります。

ジェンツオイルは、どこで製造しているのですか?

国内の複数のメーカー工場にて製造しております。(製品により異なります)
株式会社CAPスタイルはエンジンオイルを中心としたカー用品の卸売商社です、自社での製造設備等は保有しておりません。 小売企業様を通じてもたらされたユーザー様のニーズをもとに、オイルメーカー様、石油元売様各社と協同し最適な製品開発に取り組んでおります。

ジェンツトラクターオイルマルチやTOUは建設機械の油圧作動油として使用できますか?

農機専用のギヤ・油圧兼用油です、他の用途には使用できません。
油圧作動油としてのISOの粘度は有しておりますが建設機械等の油圧作動油としての設計はしておりません。油圧作動油については粘度以外にも種類がございますので 専用の製品をご使用ください。

オイル缶に印字してある日付は使用(消費)期限ですか?

オイル(潤滑油)製品には使用(消費)期限の表示はございません。
缶への印字は一般的に「製造ロットNo」です。その製品の品質管理の為に「製造ロット」から製造(充填)日、製造場所などが製造元にて 管理されています。アルファベットを含む記号の場合や年月日をそのまま印字している場合等メーカーにより異なります。

1 2 3

CONTACT US

お問い合わせはこちら

pagetop